🌟5/12(木)米国株朝刊🌟雇用統計より重要な米国・中国CPI発表!ナスダックは年初来安値更新!

朝刊(日付順)
スポンサーリンク

🌟ご挨拶・全体観🌟

おはようございます❗️5/12木曜です❗️

 

週末に株価が下がっているのにパウエルさんが優しい言葉とかけなかったのは、バイデン大統領が中間選挙で民主党が負けたらインフレの責任をパウエル議長に負わせる可能性があると言われているからかもしれません。

 パウエルさんを追い詰めると株価下がるからお手柔らかにお願いします!

 今日も10年金利は低下です

 ・10年債利回り2.93 ▼2.24% しかしナスダック▼3%!

 ・2年債利回り2.645 +1.11%

 仮想通貨はめちゃめちゃ売られました。

 🔥ドージコイン▼22.5%!

 🔥イーサリアム▼10%

 🔥ビットコインは▼5.8%

 ã€€ã‚¹ãƒ†ãƒ¼ãƒ–ルコインUSTは1ドルのペッグを維持するためのいわゆるステーブルコインですが26セントまで急落したため、仮想通貨の信頼が落ちていると思います!

あと、いままで強かったハイテク小型株の決算は地雷原ですね。

昨日はUPST▼56%、GDRX▼15.6%、

今日はUnity▼37.07% 🔥

成長が急激に減速するガイダンス!

ターゲティング効果の低下によりUnityで作られたゲーム内に広告を配信するプラットフォーム『Unity Ads』への1.1億ドルの影響で弱かった!

大口顧客から『悪いデータ』を取り込んでターゲティングアルゴリズムが構築されてしまったようです。時間がかかるかもしれません。

COINBASE ▼26.3%炎🔥

上場後初の赤字になりました!純損益は4.3億ドル!

仮想通貨の売買高が落ち込み、売上はyoy▼35%

株価は過去最高値380から53です❗️

株主への手紙でこうした市況は永続的なものではないと信じており、長期的な視点に立ち続けているとし、NFTなど次世代技術・サービスに投資を続けるとしました。

しかし最近NFTもかなり冷え込んでいます。

利上げの前では全て無力化されますが、頑張ってばいつかは報われると信じてますよ!

MQ アフターで+0.15%⭐️

収益と総処理量が予想を上回りアフターで一時4%上がりましたが、下がってきました。

EPSはミス!

ハイテクじゃない速報!

⭐️⭐️DIS アフターで+3%

ディズニーはストリーミング総契約数が1億3,770万件で予想の1億3,500万人を上回りました! ネットフリックスと逆!まさかの展開!

テーマパークからの収益はここ数四半期で大幅に回復しましたが、海外からの旅行者はまだ完全に戻ってきていませんから期待です。

🌟雇用統計より重要な米国CPI発表! 警戒継続!🌟

💥4月の消費者物価指数CPIは予想の前年同月比+8.1%を上回る8.3%でした!

 ガソリン価格が3月のyoy+18.3%から4月は▼6.1%に大きく下落したため、1981年以来の高水準だった3月の8.5%から少し減速しました。減速は昨年8月以来です。ピークを越えたかな?

依然として7カ月連続で6%を上回っており、8%前後での横ばいも考えられるためFRBの強烈な金融引き締めは変わりません。

💥FRBがより注目するエネルギーと食品を除くコアCPIも3月の前年同月比+6.5%から減速し、4月は+6.2%でした。

夏にかけて拡大が見込まれる航空旅行やホテルなどのサービスへの需要や労働力不足が、インフレを押し上げる可能性がありますが、指数においては状況は悪化しておらず、市場に一定の安心感を与える結果です!

しかし個別では気になる項目もあります。

🔥帰属家賃が前月比+0.5%で伸びは06年以来最大!

🔥ガソリンは下がりましたが食品は前月比+0.9%!

🔥航空運賃は前月比+18.6%で過去最大の伸び!

🔥コアのサービス価格は+0.7%で90年以来の伸び!

個別で見ると緊張感が高まります!

人件費急拡大が消費者に転嫁されていて、FRBが最も嫌う賃金と物価の上昇スパイラルが鮮明になっています!

 英リスク管理会社から、燃料と食料の価格上昇で暴動が増えるのは避けられないと発表がありました。特にブラジルやエジプトといった中所得国のリスクが高いようです。

個別のマイナスを見て少し安心しましょう。

中古車・トラックは前月比▼0.4%、衣料品は7カ月ぶりに下落し▼0.8%、通信は3カ月連続で下落です。インターネット費用値下げなどを政府が指示してましたね。

指数に安心感があっても個別では賃金・物価スパイラルが感じられる結果で警戒継続です。

米4月CPI8.3%上昇 8カ月ぶり鈍化も高水準 家賃・航空賃値上がり | ロイター (reuters.com)

米消費者物価指数、4月は予想以上の伸び-インフレ長期化を示唆 – Bloomberg

🌟中国のインフレは政府目標を下回っているため、まだ緩和できそう!🌟

4月の消費者物価指数(CPI)は予想の前年比+1.8%に対し、3月の1.5%上昇から伸びが加速し前年比+2.1%でした。

5カ月ぶりの高水準です。

食品価格は3月の前年比▼1.5%から4月は1.9%上昇。

ロックダウンで日用品の供給が影響を受け、政府がロックダウンで食料を備蓄するよう呼び掛けたため上昇ですね。

今年の政府目標のCPI前年比上昇率3%を下回っているため、中国人民銀行は支援・緩和政策を出しやすい状況です。

もう一つ、4月の生産者物価指数(PPI)はコロナロックダウンで需要が鈍り、3月の前年比8.3%から少し鈍化の8.0%上昇でした。ただし、市場予想の7.7%は上回りました。

政府の生産努力も効果がありました。

PPI上昇率が1年ぶりの低水準となったことで、追加景気刺激策を行う余地があります。

中国政府は今年の石炭生産を大幅に増やす目標を掲げていて、戦争を受けてエネルギー安全保障を優先しています。

キャピタル・エコノミクスの中国担当は、PPIの伸びは今後数四半期にわたり鈍化が続く、ウクライナでの戦争で不透明感があるが、国際商品価格は総じて下落して今年を終える見方です。

こちらはインフレ鈍化見込みが出ました!

 中国はアメリカと異なり、将来の収入の不確実性のために、全体的な消費者需要が落ち込んだままです。値下げ圧力もアメリカより強いです。

あと、アメリカが対中制裁関税除外をしようとしていますが、選挙前に労働組合が反対しているため難しそうです。

中国PPI、4月は1年ぶり低水準 追加刺激策の余地残る
中国国家統計局が11日発表した4月の生産者物価指数(PPI)は前年比8.0%上昇した。前月の8.3%から鈍化し、世界的なコモディティー(商品)価格の上昇にもかかわらず1年ぶりの低水準となった。市場予想の7.7%は上回った。

🌟GoogleがPixel Watch発表🌟

Google▼0.54% AAPL▼5.18%🔥

GoogleのI / O開発者会議でPixel Watchは秋に登場と発言がありました!

Apple Watchと対決!

Androidを使用している顧客にアピールすることができます。

ユーザーは睡眠、心拍数、ワークアウトを追跡できます。

メッセージのチェックや音楽のダウンロード、Googleマップで道順を取得したり、スマートホームデバイスに接続し、温度を変更したり、照明が消されていることを確認したりすることもできます。

プレミアム価格の製品になると語り価格はわかりません。

秋に利用可能になります。

Google Pixel Watch, Pixel 7, Pixel 6a 発表 (cnbc.com)

🌟EU制裁案まとまらず、中国コロナ回復傾向、サウジアラムコ時価総額アップル超え!🌟

EUのロシア産原油の輸入禁止決定には全ての国の賛成が必要ですが、原油の約65%をドルジパイプラインでロシアから輸入しているハンガリーの外相は、パイプライン経由の輸入を対象外にすべきだと主張しています。 原油制裁まとまらずですが、今日は原油・天然ガスは上昇しています。レンジ内ですね。

 エネルギー価格上昇は上海で8つの地区がコミュニティレベルでウイルスを封じ込めたと発表し、北京でも、1日の新規感染者数が前日に比べて約半分になったためです。 中国株が反応して上がり、需要復活がイメージされたからではないでしょうか。

ハイテク株の下落、エネルギー株の上昇が鮮明になっていて、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが米アップルを抜いて時価総額で世界最大の企業になりました。

 アラムコの株価は過去最高値近くに上昇し、時価総額が約2.43兆ドル(315.2兆円)です。原油価格上昇が株価を押し上げている一方、大型ハイテク銘柄は利上げで大きく売られています。

 今日もアップルは5%近い下げです!

今年アップルの時価総額は一時3兆ドルに到達し1兆ドルの差がついていましたが、その後アップル株が16%下落し、アラムコ株は27%上昇しました。

この差はしばらく広がるばかりかもしれません!

🌟決算ざっくり🌟

TM トヨタ ▼5.64%🔥

連結販売台数は823万台

通期は過去最高の営業収益、営業利益!

税引き後利益は2.85兆円で当期利益率は9.1%です。

トヨタの来年2023年3月期の連結営業利益は、原材料高騰で1.5兆円減になり、前期比19.9%減の2.4兆円で予想3.36兆円を大きく下回る見込み。

 売上は5.2%増の33兆円見込みだけど、純利益は▼20.7%の2.26兆円見込みなので、コスト高ですね。

ちなみに前提の為替は1ドル115円と今よりかなり円高見込みなので、円安に振れれば利益が増えそうです。

⭐️GFS GlobalFoundries

⭕️EPS0.4 予0.23

⭕️売上1.94B(+37%)1.9

▶️Q2ガイダンス

⭕️EPS 0.43~0.48 予想0.26

⭕️売上 1.955~1.985B 予想1.92B

🔥COIN Coinbase

❌EPS▼1.98 予想0.17

❌売上 1.17B(▼35%)予想1.48

▶️Q2ガイダンス

MTUs: Q1を下回る

Trading Volume: Q1を下回る

⭐️TTD ▼0.85%

トレードデスク The Trade Desk

Q2売上ガイダンスをわずかにミスし少し売られました。

広告の後退は見られませんでした!

⭕️EPS: $0.21🆚$0.15

⭕️売上高: $315M(+43%)🆚$304.7M

Customer retention: 95%~

▶️Q2ガイダンス

❌売上高: $364M🆚$364.72M

⭐️RBLX +3.36% ロブロックス決算

決算ミスなのに今年後半に持ち直してくれるという希望から上昇。

❌EPS: ▼0.27 予想▼0.21

❌Bookings: ▼631.2M(-3%)▼638.5M

DAUs: 54.1M(+28%)

🔥 Unity▼37.07%  ユニティー決算 

成長が急激に減速するガイダンス!

ターゲティング効果の低下によりUnityで作られたゲーム内に広告を配信するプラットフォーム『Unity Ads』への1.1億ドルの影響で弱かった!

大口顧客から『悪いデータ』を取り込んでターゲティングアルゴリズムが構築されてしまったようです。時間がかかるかもしれません。

EPS: ▼0.08で一致

❌売上320.1M(+36%) 予想321.5

▶️売上ガイダンス

❌Q2 290~295M 予想361

❌FY22 $1.35~1.425B 予想1.5

    2022年の売上高成長率はyoy+22%〜+28と低いです🔥

コメント

タイトルとURLをコピーしました